美容にも効果的なCBDオイル!選び方や使い方のポイントを解説

美容

 

近年、新たな美容法としてCBDオイルが注目を集めています。

CBDオイルは大麻から抽出される成分を元に作られた商品です。

 

この記事では、CBDオイルの美容効果や使い方のポイントについて紹介します。




CBDオイルとはどんなもの?大麻とは違うの?

はてな


CBDオイルと聞いて、大麻と同じものではないか……?と不安になる人もいるでしょう。

大麻とは、葉に含まれているテトラヒドロカンビノール(THC)と、茎や種に含まれているカンナビジオール(CBD)が代表的な成分です。

 

THCは脳のドーパミンを放出させることで、スカッとした気分になる作用があります。

幻覚作用や依存性などの弊害があることで知られており、日本をはじめ世界の多くの国々で使用が禁止されています。

 

一方、CBDオイルに含まれているのは、人体への危険性のないCBDです。

CBDオイルは、日本国内においても違法なものではないので、安心して使うことができます。





美容オイルはセレブにも人気!

美容の最先端を知るときに参考になるのが、海外セレブが取り入れている美容法です。

一部の州で大麻が合法となっているアメリカでは、早くから有名セレブもCBDオイルを使用しています。



ジェニファー・アニストン

(出典: https://movie.walkerplus.com/ )

アメリカの典型的な美女で、ブラピの最初の妻として知られています。

ジェニフアーは、仕事上のストレスや不安を解消するのに、CBDオイルを使っているそうです。



グウィネス・パルトロウ

グウィネス・パルトロウ
(出典: https://mi-mollet.com/articles/-/10376 )

女優業だけでなく、自身のブランドを立ち上げるなど大忙しのグウィネス。

彼女は自分のブランドである「Goop」で、CBDオイル入りのバスオイル、お茶、チョコレートなどさまざまな商品の販売を手掛けています。



ウーピー・ゴールドバーグ

ウーピー・ゴールドバーグ
(出典:https://www.cinematoday.jp/)

「天使にラブソングを」など数々のコメディ映画に出演するウーピー・ゴールドバーグ。彼女はストレス解消や痛みの軽減のために、CBDオイルを使っています。

 

セレブの中には、撮影など緊張感が高まる場面に立つことも多く、心のストレスを軽くするために、CBDオイルを利用している人が多くみられました。





CBDオイルで期待できる美容効果にはどんなものがある?

医者


現在、カンナビジオールの応用を見据えて、世界中で多くの研究が進められています。CBDオイルの主要な成分となるカンナビジオールには、さまざまな効果が認められています。

中でも注目されているのが、カンナビジオールの美容効果です。

具体的なカンナビジオールの効果には、次のものが明らかにされています。



抗炎症効果

CBDオイルは、細胞の炎症を抑える効果があることで知られています。

肌トラブルで多くみられるニキビやシミも、肌の炎症によって引き起こされます。

CBDオイルを使えば、肌の炎症を抑えることで、肌トラブルの改善が期待できるはずです。



皮膚上の内因性カンナビノイドの機能は、①表皮の恒常性維持(ホメオスタシス)の調節、②痛みの感覚の調節、③皮膚の炎症の調節、④皮膚付属器の調節である。

さまざまな動物実験により、内因性カンナビノイドは、CB1 と CB2 だけでなく、イオンチャネル型の受容体である TRP ファミリー(TRPV1、TRPV2、TRPV3、TRPV4、TRPA1、TRPM8)に作用し、痛み、かゆみ知覚、表皮の恒常性、動物モデルおよびヒトの両方における皮膚炎の促進と抑制に関連する機能を担っていることがわかってきた。

引用元:佐藤均(2015). カンナビノイドの化学 筑地書館 87-88


リラックス効果

CBDオイルの期待できる効果がリラックス作用です。

「ストレスは美容の大敵」といわれるように、心に大きなストレスを抱えると、肌トラブルが起きたり、お腹の調子が悪くなったりします。

 

多くの研究の中でCBDオイルには、不安を和らげて脳をリラックスさせる効果があることが確認されています。

CBDオイルを使ってストレスを上手にコントロールすることで、美容にも効果があるといえるでしょう。



アンチエイジング効果

CBDオイルはアンチエイジングがあるとして、コスメにも利用されています。

しかし、CBDオイルを使って細胞が若返るなどの、劇的なアンチエイジング効果は認められていません。

その一方で、身体の老化は細胞の炎症が元になることが分かっています。

CBDオイルには、細胞の炎症を抑える効果があるので、炎症による老化を抑える作用が期待できるといえます。





CBDオイルはこんな人におすすめ



すでに説明したように、CBDオイルにはいくつかの美容効果が期待できます。

CBDオイルは、次のような人におすすめです。

・ニキビやできものなど肌荒れを改善させたい人

・毎日、強いストレスを抱えている人

・細胞の炎症による老化を抑えたい人





CBDオイルを選ぶときのポイント

オイル


近年、CBDオイルが注目されるようになり、さまざまな商品がみられるようになりました。

一方で、CBDオイルの中には、THCなど本来含まれていないはずの強い成分が検出されたという報告もあります。

安全にCBDオイルを使うためには、以下のポイントを参考にしてみてください。





CBDオイルは国産のものを選ぶ

現代のインターネットの普及により、海外の製品が簡単に購入できる時代です。

CBDオイルも例外ではなく、アメリカなど海外産の商品を購入することもできます。

一方で、海外産のCBDオイルに大麻の向精神成分であるTHCが検出されているケースもみられています。

もともと、CBDオイルは大麻の種子から抽出される成分を用いるため、大麻の草の部分に含まれているTHCが含まれることはありません。

CBDオイルは、大麻の葉ではなく、茎や種子を原材料にしているため、違法の範囲にはなりません。

しかしながら、CBDオイルから、本来含まれているはずのないTHCが含まれているとなれば、違法となりうるので注意が必要です。



CBDオイルの初心者の人にとって、成分や効果を見極めるのは難しいといえます。

CBDオイルの使用がはじめてという方は、国産のものを選ぶと安心です。

国産の商品は、原材料や製造ラインなど厳しい規格をパスした商品になるので、安全性が高いといえるでしょう。





信頼できる企業の商品を選ぶ

CBDオイルに含まれているカンナビジオールが注目されるようになってから、オイルだけでなく、サプリメントなどのさまざまな商品が販売されるようになりました。

しかし、カンナビジオールの効果によっては、データが少ないものもあります。

CBDオイルの中には、根拠もないのに「○〇が治る!」という謳い文句を宣伝するものもみられます。

CBDオイルを購入するときは、広告の内容を鵜呑みにするのではなく、製造元である企業が信頼できるか確認することも大切です。





美容のためのCBDオイルの使い方は?

オイル


CBDオイルを購入したら、実際に使用してみましょう。

CBDオイルの使い方は、目的によってもさまざまです。

ここでは、CBDオイルの使い方を説明します。



CBDオイルを飲む

一般的な方法として挙げられるのが、CBDオイルを飲む方法です。オイルを飲むことで、CBDオイルへの全身への作用が期待できます。

CBDオイルをリラックス目的や身体のアンチエイジングに使う場合は、オイルを摂取するとよいでしょう。

CBDオイルの味は苦味が強くなるので、飲みにくさを感じる人もいるでしょう。

CBDオイルの濃度は、商品ごとに異なるため、指定の量を目安にして飲むようにしてください。





CBDオイルを肌に塗る

ニキビケアなどスキンケアにCBDオイルを使いたい人は、肌に直接塗るのがおすすめです。

通常のオイルと同じ感覚で、肌トラブルのある部分にCBDオイルを塗りましょう。

 

CBDオイルだけでなく、オイル系の商品に共通することですが、オイルの純度によって日差しによって油焼けを起こすこともあります。

CBDオイルを塗るときは、まずは目立たない部分に試し塗りをするのがよいでしょう。

 

敏感肌のように肌や弱めの人は、CBDオイルを夜寝る前に使うのもおすすめです。





まとめ



このようにCBDオイルには、抗炎症作用やリラックス効果があるので、美容効果も期待できます。

 

このほかにもCBDオイルにはさまざまな身体への効果があるので、参考にしてみてください。

→ CBDオイルの効果って?うつや不眠、便秘にも効く万能薬?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です