【酒飲み必見】ガチで二日酔いに効く!CBDオイルと酒にまつわる5つの説

ウイスキー


実際にCBDオイルを使ってみて気付いたことがあります。

 

それは、

CBDオイルとお酒はかなり相性がイイ

ということです!!!

 

そこで今回は、個人的に私が提唱したい、CBDオイルとお酒にまつわる5つの有力な説をご紹介したいと思います。



その①:CBDオイルを摂取すると酔いが回るのが早いんじゃないか説

飲む量は減ったけど、酔いが回るのは早かった

回る


実際にお酒を飲む前にCBDオイルを摂取した友人の経験談をご紹介します。

ちなみにこちらの友人、一人で鏡月1本は余裕で空けてしまうほどにはなかなかの酒豪ぶりです。




その日は、お酒を飲むだいたい1時間前くらいにCBDオイルを摂取したそうです。

いつもはだいたい3杯くらいから酔いが回り始めるそうですが、CBDオイルを摂取した日は、1杯目ですでに「あ、回ってきたな」って感覚を感じたと言っていました。

CBDオイルを摂取してからだいたい2時間弱で、ほろ酔い状態になったそうです。




さらに、飲む量に関しても、いつもは鏡月1本は余裕で空けてしまうところ、

その日は半分までしか飲めなかったと言います。

 

飲む量は減ったのにも関わらず、酔いが回るのはいつもよりも早かったそうです。





血行が促進されるからかも

血行


CBDオイルには、そもそも血行を促進する効果があります

 

血流が良くなると、早く酔いやすくなりますよね。

寒い外で飲むよりも、暖かい室内で飲む方が酔いが早く回りませんか?

運動後やマッサージ後は酔いやすいって言いますよね。

 

これは、血行が良くなると、体内のアルコールが血流にのってすばやく循環するので、酔いが回りやすくなるんです。

 

 

つまり、CBDオイルによって血行が促進されたので、酔いが早く回ったのかもしれないということですね。





いくら飲んでも酔えない猛者にはいいかも

酔っぱらい


なので、いくら飲んでも飲めない猛者の方は、アルコールを飲む前にCBDオイルを摂取すると、良い感じに気持ちよく酔えるかもしれませんね。

 

あと、CBDオイルを飲むと悪酔いしないと友人が言っていたので、飲むと何かやらかしがちな方にもCBDオイルはおススメかもしれません。





その②:CBDオイルは二日酔いを緩和するんじゃないか説

そもそも二日酔いの仕組みとは

二日酔い


そもそも二日酔いは、自身が分解できるアルコール以上の量を飲むことによって発生します。

アルコールを摂取すると体内でアセトアルデヒトという成分に分解されるのですが、このアセトアルデヒトがかなり毒性の強い成分のため、二日酔いを引き起こす原因となっているようです。

日本人を含むアジア人種はこのアセトアルデヒトの代謝酵素が弱い、もしくは停止している状態と言われてるみたいですね。

なんで、お酒が弱くて二日酔いにもなりやすいみたいです。遺伝子レベルの問題みたいですね。




ちなみに筑波大学が行った研究によれば、九州と東北に住む人にはアセトアルデヒト代謝酵素が活発な人が多いらしいです。


確かに九州と東北の人はお酒強いイメージがありますね。
この遺伝子のことを、「酒豪遺伝子」とも言うらしいです。





二日酔いが全然残らないらしい

気分爽快


これはお酒を飲む前にCBDオイルを摂取した人みんなが口を揃えて言いますね。とにかく次の日の二日酔いが全く残らないそうです。

 

まず、頭痛が全然ないみたいです。これはウレシイ。


かなり飲んでも翌日頭がガンガンしないらしいです。あと、吐き気もないらしい。

 

すごいですね~こうなってくるとヘパリーゼとかよりも効くかもしれないですね。





CBDオイルが二日酔いにどう効くのか

二日酔い


頭痛

二日酔いの頭痛はタチ悪いですよね~


これは、身体に炎症が起きているのに対して、自己免疫力が働いて、「サイトカイン」という物質が脳の血管周りに増幅することが原因なんだそうです。

 

CBDオイルは、頭痛緩和でもよく使われていて、炎症や神経性疼痛を抑える働きがあります。

 

臨床研究から得られた証拠の量の増加は、慢性疼痛および慢性炎症性疾患(関節炎)を有する患者に利益をもたらすというカンナビノイド系の可能性を確認した。

〔出典:Natascia Bruniら(2018). Cannabinoid Delivery Systems for Pain and Inflammation Treatment〕

 

そのため、二日酔いの頭痛にも効くと言うわけなんですね。





吐き気

これ、マジで地獄ですよね。
二日酔いの吐き気は、お酒を飲むことによって胃に酸が増殖することが原因なんです。

 

CBDオイルは、抗がん剤などの治療の副作用である吐き気にも使われています

 

 
なので、こうした胃酸が原因の二日酔いの吐き気にも効果を発揮するようです。





その③:CBDオイルはお酒に弱い人の方が効きやすいんじゃないか説

普段飲まない友人は、CBDの効果が強く出た

熱っぽい


これも友人の話なのですが、普段全くお酒を飲まない友人2名がCBDオイルを数滴飲んだだけで、摂取3分後くらいから身体が熱くなり心臓がバクバクするのを感じたと言っていました。

 

  
私含めてお酒を飲む勢はまったくそんな症状はなかったのですが、普段飲まない2名が声を揃えて身体がカーッと熱くなってくるのを感じたというので、もしかしたらお酒を飲まない、もしくは弱い体質の方が効果が表れやすいというのはあるのかもしれません。





CBDオイルとお酒の体感は似ている?

ウイスキー


そもそも、CBDオイルを摂取した時と、お酒を飲んだ時の体感はちょっと似てるような気がします。

 

CBDオイルを摂取すると、何となくフワフワしてくるというか、心地よくなってくるのを感じます。

 

あの身体も心も緊張がほぐれてフワフワする感じは、若干ほろ酔いのときの心地良さと似ているような気がします。

 

 

先ほどのお酒を飲まない友人2名も、「お酒を飲むとたぶんこんな感じなんだろうな~」と言っていたので、飲めない人がちょっと気分よくなりたいって時にもいいのかもしれませんね。





ただしお酒のようなデメリットは一切無い

アルコール中毒


CBDオイルとお酒を飲んだ時の体感は多少似ているとはいえ、もちろんCBDオイルには、お酒のような、さまざまな臓器障害のリスクや、過剰摂取による泥酔状態などに陥るデメリットなどは一切ありません

 
家でちょっと気分よくなりたいな~って時なんかに少ないお酒で宅飲みするくらいなら、CBDオイルを摂取する方が、健康的な面でもいいかもしれないですね。





その④:CBDオイルは禁酒に効果があるんじゃないか説

CBDオイルはたばこや薬物などの欲求を抑える

禁酒


そもそもCBDオイルは、たばこや薬物などの欲求を抑える効果があります。

実際にCBDオイルが依存症の渇望を抑える効果が見込めると様々な研究でも発表されているので、しっかりと根拠のある仮説です。

 

オーストラリアのこれらの研究者が最近指摘したように、CBDが物質使用者の渇望を減らし、それにより使用者が再発する可能性を減らすことができるという兆候があります。

(出典:https://cannabisnow.com/can-cbd-combat-alcohol-and-drug-addiction-maybe/)

 

なので、アルコール依存症の改善にもCBDオイルは効果が期待できるということですね。





CBDオイルのリラックス効果がいいらしい

リラックス


CBDオイルのリラックス効果が、禁酒をサポートしてくれるとも言われてるみたいですね。

 

とある海外の研究によれば、高濃度のCBDオイルを摂取することで得ることの出来るリラックス効果は、お酒を飲んで酔った時の様な心地よさにも匹敵するとも言われているらしいですよ。

 

お酒に頼ることなく、ストレスの減少や不眠の改善に効果を発揮してくれるので、ストレスなく禁酒ができるってことみたいですね~。





その⑤:CBD入りのアルコールメニューが日本でも人気が出るんじゃないか説

ハリウッドで人気のCBDカクテルとデザート



ハリウッドにあるホテル「ハリウッドルーズベルト」では、2018年からCBDが入ったモヒートとデザートをメニューに加えたそうです。

値段は、モヒートが18ドル、デザートが20ドルとのこと。

 

モヒートもデザートも、現地では大人気みたいです。

 

ちなみにデザートについては以下の3種類のラインナップがあるそう。



・フローズンヨーグルトとラズベリーのクランブルを添えたレモン・バー
・青リンゴのババロア
・ベリーのポンチをかけたヨーグルトのパンナコッタ


めちゃくちゃ美味しそうですね~。どんなものなのかぜひ味わってみたいです。





カナダでもCBD入りビールを開発中らしい



カナダでも同様にCBDを使ったカクテルの開発が盛んに行われているそうですが、その流れを受けて、今国内の起業家たちがこぞって「カンナビスから作ったビール」の開発に乗り出しているらしいです。

 

これまでも同じようなビールはあったようですが、どれもビールにカンナビス油で”香りづけ”しただけのものばかりだったそうです。

 

ですが、プロヴィンス・ブロンズ社のドゥーマ・ウェンシュは、世界で初めて、カンナビスから醸造したビールづくりを目指していると言います。



が、これがなかなか難しいようで、初期の試作品は「腐ったブロッコリー」の味がしたそうですwwツラww

 

味をよくするためにはアルコール分を抜く必要があるらしく、この塩梅が難しいみたいです。

 

ですが、実はすでに特許も出願済みだそうで、もし販売すれば、「グルテンフリーでアルコールフリーなCBDビール」が誕生することになります。


楽しみですね~~味の方も気になりますね~~





日本でも人気が出そう

カクテル


CBD入りのカクテルやビールなんかは、日本でも人気出そうじゃないですか?

 

二日酔いになりにくいお酒”とかなんとかで打ち出せば、瞬く間に人気出そうですよね。こんな夢のようなお酒があるのかと。

 

あとは、ノンアルでもお酒を飲んだような気分を味わえるので、飲めない人がライトなお酒気分を味わうためのノンアルカクテルとして売り出しても需要はありそうな感じはしますよね。

 

日本人は新しいもの好きですし、ホンマでっかTVとかでなんか面白おかしく取り上げてくれたら結構ブームになりそうな気はしますww





まとめ



というわけで、CBDオイルと酒にまつわる5つの説をおさらいするとこんな感じです。

 

  1. CBDオイルを摂取すると酔いが回るのが早いんじゃないか説
  2. CBDオイルは二日酔いを緩和するんじゃないか説
  3. CBDオイルはお酒に弱い人の方が効きやすいんじゃないか説
  4. CBDオイルは禁酒に効果があるんじゃないか説
  5. CBD入りのアルコールメニューが日本でも人気が出るんじゃないか説

 

この5つ、個人的にはかなり有力な説だと思います。

 

嘘だと思うなら、ぜひともお試しあれ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です